プロフィール

関口直仁 


岩手県出身。

岩手県立不来方高等学校普通科音楽コース、東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。高校在学中からコンクールに出場し、

「第2回高校生のための歌曲コンクール」、並びに

「第3回高校生のための歌曲コンクール」において奨励賞。

「第56回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部」において第3位入賞。

「奏楽堂日本歌曲コンクール第28回歌唱部門」入選。

オペラ・宗教曲

 大学在学中より声楽家としてコンサートホールやレコーディングスタジオで活動をはじめる。「フィガロの結婚」(フィガロ)、「コシファントゥッテ」(ドン・アルフォンソ)、「椿姫」(ドビニー侯爵)、「ドン・パスクアーレ」(マラテスタ)、モーツァルト作曲「レクイエム」、ヘンデル作曲「メサイア」、ベートーベン作曲「交響曲第9番」、シューベルト作曲「ミサ曲第5番」などオペラや宗教曲でソリストを務める一方で、2007年、2008年、2012年 小澤征爾音楽塾に合唱として参加、2010年新国立劇場地域招聘公演 札幌室内歌劇場「月を盗んだ話」などに参加し、研鑽を積む。舞台での演奏活動のほか、TVCFやアニメ、映画音楽など多数のレコーディングに参加中。村松玲子、三林輝夫、青島広志、福島明也の各氏に師事。

コーラスレッスン

 加えて、「心に刺さる音楽」をモットーに、関東近郊の合唱団でアツい指導を行っている。浦安男声合唱団、桜門男声合唱団、日本建築学会楽友会男声合唱団、日テレ学院「楽しく歌おうコーラス講座」「ボイストレーニング講座」、クール・ルミエール、女声コーラスマードレ、各団指揮者。OhMON CHOR(オーモンコール)、多摩混声合唱団、各団ヴォイストレーナー。2012年第6回「ホテルオークラ第九」バスパートヴォイストレーナー。その他にも、様々な合唱団、音楽愛好家に指導を行っている。

ファミリーコンサート

 また、子どもやファミリーを対象にした公演にも積極的に参加しており、代表的なものでは「ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン キッズプログラム」(2012、2018)、10回以上出演している(財)北区文化振興財団主催「芸大と遊ぼうin北とぴあ」シリーズ(2005年〜)がある。これまでに、井上あずみ、稲村なおこ、タケカワユキヒデ、眞理ヨシコらと共演。

  さらには、蟹江杏(版画家)・石川浩司とのワークショップ「LA・TATAN舎のお絵描きサーカス団」、文科省復興教育支援事業として、NPO法人3.11こども文庫が企画・制作したアートパフォーマンス「桑の実が見る夢」では、福島県伊達市立大石小学校の生徒とともに音楽劇を上演、楽曲制作を担当。2012年より「新宿クリエイターズフェスタこどもアートデー」において、音楽コンテンツのコーディネートを担当するなど、幅広く活動している。